アリオラ・ワイン、1956年から続くパルマの丘のランブルスコ。

WINE HOUSE IS COMMITED TO PRODUCING ESTATE GROWN WINES OF THE HIGHEST CALIBER AND DISTINCTION.

ブドウ園

伝統が香る大地から卓越したワインまで

自身の大地との絆と伝統への愛が情熱へとかわる時、未来へ残すべき豊かな贈り物である尊いワインを生み出す魔法がかけられます。アリオラのぶどう畑は、海抜220メートルから300メートルに位置するポー平原の肥沃な土地を望む最初の丘陵にたたずんでいます。調度よい水はけとブドウの木の列の方向を定めるのに適した泥・粘土質の土壌でほどよい傾斜の丘陵は、やわらかい太陽光を浴び、アリオラの上質なワインの主要な秘密の一つである健康的で香り豊かなブドウの成熟に欠かせない好条件を生み出しています。
70ヘクタールあるアリオラの農園の土地は、マルヴァジア、ソーヴィニヨン、シャルドネの白い房からランブルスコ、カベルネ、メルロー、ボナルダ、フォルタニーナの赤い房まで、その土地のブドウ混合の特徴別に分けられています。ブドウの特徴的な個性と生産テクニックの独自性はワインの幅広いセレクションに源泉を与えています。

ワイナリー

伝統の面で革新的なメソッド

アリオラ農園のブドウの収穫は最新の方法を取り入れながらも、伝統的な風習を重んじています。ブドウの実は、房一つ一つが圧搾までの貴重な入れ物として無傷のまま丁寧に収穫されます。ブドウの搾り汁を保管する醸造用のタンクは、ワインに命を吹き込み、最良の発酵をもたらします。その後、洗練され、熟成され、瓶づめされます。特別な配慮はボトルの選択にもされます。ワインが飲まれるその瞬間まで無傷で届き、ワインがより良い状態であるよう最上のクオリティーのものを常に取り揃えています。

私たちのワイン

伝統と完璧なバランスを検索します

世界中に広めるために、当分野で伝統を変換します。これは、毎日が技術革新と根の間の完璧なバランスの検索では、CantineなどAriolaランギラーノ(パルマ)での私たちの仕事を案内する課題です。
この哲学は、卓越する必要が土、石、木、スチールと技術を組み合わせた不朽の場所を作成し、協力し、辛抱強く季節の行進を待っていました。

Awards